北海道の女の子は巨乳が多い!は事実だった!セックスフレンドのパイズリ体験

寒い地域に住む女の子はおっぱいが大きいといった噂があります。これは噂に留まらず生態的にも正しい考察のようで、寒いからこそ脂肪をためこむ人間の本能が寒い地域の女の子のおっぱいを育んでいるようです。九州に住んでいる私にとって、北海道に住むことになった今、楽しみは北海道の女の子の巨乳でした。また白い肌の女の子も多いというイメージがあります。期待と共に、想像することであそこも膨らんでしまいます。

北海道に赴任したばかりで、なかなか出会いはありません。同僚の女の子の胸を見て、この子は大きい、この人はそれほどでもないなどと優劣をつけていました。顔で判別をするよりも、同僚の胸で名前を覚えたくらい、胸ばかり見ていました。そのなかでも巨乳の女の子を見つけました。とても気立てがよく、気さくで九州からきた私にとても優しくしてくれる女の子です。「君のおっぱいを揉みたい」なんて言い出せるはずもなく、悶々とした日々を過ごしていました。

職場ではまだおとなしくしていなければならない時期ですので、その巨乳ちゃんの胸を想像する毎日でしたが、北海道の巨乳女子との一戦のために、私が黙っているはずありません。出会い系サイトを使って女の子を探しました。当然真面目な出会いなど求めていません。求めているのは北海道の厳しい大地で育まれた巨乳ちゃんです。アダルト掲示板で探しまくり、そして連敗の日々でした。そんなある日、私が送ったメールで、ある女の子に出会いました。

わたしより7つ下の24歳の女の子です。巨乳であるのかはその時はわかりませんでしたが、初めて登録したその女の子に初めてメールをしたのが私であり、その縁から仲良くなりました。連絡先を交換し、そして直接出会う仲に発展。お茶や食事をするようになりました。会話は弾みますが胸を見てしまいます。やはり北海道の巨乳にまつわる噂は嘘ではありませんでした。その女の子も確かなおっぱいを持っていることを、着衣の彼女から確かな確信を得ました。

ドライブをしているある日、良い雰囲気になり、そのまま彼女の部屋に招待されました。部屋に招かれるということはそういうことであり、ドライブの雰囲気をうまく持ち込み、彼女の部屋に入ると夢中で抱きしめてキスをします。彼女は全く抵抗をしません。首に激しくキスをしながら、おっぱいを見ます。「もうすぐだから待ってろよ」その強い想いを彼女のおっぱいに向けながら、そこから発しているような感じがする匂いを感じとりました。当然ミルクの匂いを思い浮かべ、そのように都合よく変化した嗅覚でした。

荒々しく彼女の衣服を剥ぎ取り、ついにおっぱいと対面です。重量感があって、けしからんおっぱいです。下から揉みあげ、彼女の乳輪を口全体で含み、吸い上げました。薄暗い部屋からわかる彼女のうっとりした視線と、白く柔らかいおっぱい。手で寄せながらそこに顔を埋めます。彼女は私の頭を撫でながら言います。「おっぱい好きなんだ?」。もちろん即答しました。

彼女はニコりと微笑み、僕の硬くなったものを擦りながら、脱がしてくれました。すると私の股に配置し、私の腰を持ち上げて、私のペニスを自分の胸元に装填します。おっぱいが大きい子は知っています。パイズリこそが自分の武器であることを。やわらかい感触に包み込まれ、暖かい液体を感じます。彼女の唾液です。昔の男に教わった方法で私を惑わせてきます。そんなに時間が経っていませんが、限界が来ました。それを告げると彼女は言います。「おっぱいのなかでいいよ」。なんて素敵な言葉でしょうか?彼女がそう言い終わった瞬間に彼女のおっぱいのなかで果ててしまいました。最後まで発射するまで、彼女はおっぱいの刺激を止めません。おっぱいが武器であることをよく理解している女の子であり、セフレとしていまも彼女のおっぱいを堪能しています。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ