セフレとのセックスはどんなプレイをしてもOKなのか?

セフレ関係を築いていく上において、やはりセックスの充実度というものは大切な部分になってくるともいえるでしょう。
中には、自分が思うようなプレイをしたいと望んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん、性癖的な部分を解消するというためにもセフレは良い存在となってくれるのですが、自分ばかりではなく、相手の快楽という部分についても把握しておくこともまた重要だという事が出来るでしょう。

セフレとのセックスは性癖をさらけ出す

先ずは自分の性癖などについてですが、誰にも言えないという感覚の場合もあるでしょう。
性癖によっては口にすることが恥ずかしいなどという事もあるでしょうし、過去において非難されたり笑われたりと嫌な思い出があるということもあるかも知れません。
しかし、この性癖は誰しも持ち合わせているものなのです。ですから恥ずかしがる必要もないといえるのです。
せっかくセフレとの関係を築き欲求不満を解消し快楽を追及する相手があるのですから、オープンにすることをお勧めしたいと思います。
このことによって、より満足度の高いセックスをすることも出来ますし、セフレとの関係もより充実したものになるのではないでしょうか。

自分自身の性癖をオープンにするばかりではなく、相手がどのようなプレイを求めているのか・どのようなプレイで満足するのかという部分についても把握しておくと良いでしょう。
そのことによって、お互いに満たし合える・楽しみ合える関係をより築きやすくなるのです。
タイミングを見て相手に聞いてみるというのも良いでしょう。
その際、より話しやすい環境を作るためにも、先ずは自分の性癖をオープンにして相手にも効いてみるなどというようにするのも良い方法です。
こうして、お互いの性癖を把握しておくことで、お互いにとってのベストパートナーとなれるのではないでしょうか。
また、新しいプレイにチャレンジしたいなどというときにも良い方向へと働いてくれることでしょう。

無理して性癖を暴露する必要はありません

どうしても言いたくない。そうした性癖があるという場合においては無理に言う必要はありません。
絶対的にセフレに対しては性癖を伝えなくてはならないという事ではないのです。
ですから、誰にも言えないというのでしたら隠していただいても構いません。
出来る範囲内で伝えるようにしましょう。
このことからもお分かりのように、相手に聞いても性癖を教えてくれないなどという時には深追いしないこともまたポイントといえるでしょう。
それぞれがいえる範囲内でということを覚えておくと快適な関係を築きやすくなることでしょう。

こうして口に出すことが重要であるという事がお分かりいただけたかと思いますが、もちろん口にするだけでは分からないということもあるでしょう。
身体的な行為を行うことによって分かること・触れることというものも出てくるかと思います。
セフレ関係ですから、積極的にこうした関係を積み重ねその中から分かることを拾い上げていくのも良いのではないでしょうか。

セックスをしていくことによって、どのようなものを快感と覚えるのか・どのようなプレイがより盛り上がるのかという事や、更にはお互いの欲求不満度などが分かることも出てくるのです。
やはり、実際のプレイをしていただくことで気づくことも多いものです。
ですから、先ずは関係を重ねていくというのも良いスタンスでしょう。

お互いに口にしない・出来ないという場合には、特にこうした実際の行為から感じ取れるものを大切にしていきましょう。
関係を重ねるほど快感が強くなったり、満足度が高まったりということを実感していただけるのではないでしょうか。
ぜひとも、2人で過ごす時間・プレイをこうして堪能していきましょう。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ