セフレの基礎知識を身つけてセフレ募集をする必要性

「セフレ」とは、恋愛感情を持たずに単純に性的な関係を築くことを言います。
そんなセフレというパートナーを持ちたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。
実際にパートナーを作る前に・もう既にいるという方においても改めて、セフレの知識について見ていきたいと思います。

セフレ募集前に知っておきたいセフレとの付きあい方

先ずは基本的な「セフレとの付き合い方」になります。
心得としては、「お互いに干渉をしすぎないこと」を抑えておきましょう。
先にも触れたように、身体が基本的な関係ですから、パートナーのプライベートについてあれこれと聞いたりましてや束縛をするなどということをしないようにしましょう。
満足し合える関係を築くためにももちろん、コミュニケーションは大切ですから、最低限を知ることは大切です。
しかしこれは、あくまでセフレという関係を良くするために知っておきたいことでもあるのです。
長い関係ともなると、ついつい知りたい気持ちも高まってくるかとは思いますが、割切った関係だという事を忘れないようにしましょう。

そしてもし、2人の関係を解消したいという場合の基本的な部分にも触れておきましょう。
恋愛感情で結びついている関係ではありませんから、言葉やタイミングを深く考える必要はないのです。
ストレートに「別れたい」という気持ちを伝えるようにしましょう。
妙に遠まわしな表現をしたりというテクニックを使ってしまうと、相手に伝わらなくだらだらとセフレ関係を続けてしまう可能性もあります。
ですので、「そのままを伝えてもわだかまりが残ることはない」と言う前提を覚えておくと良いでしょう。

セフレ募集するなら性的な相性を考慮しよう

性的な相性もまたセフレにとっては大切なことです。
どのようなプレイを相手は好むのか・自分は好んでいるのかという部分においては意思疎通をはかっておきたいところでもあります。
セックスそのものに関しては、相手の満足度というものもある程度は考えたプレイを心がけるようにしてください。
もし、希望のプレイ内容があるようでしたらどこかのタイミングで話してみるというのも良いかもしれません。
それぞれが関係に満足感を抱くことが大切ですから、こうした部分については明らかにしておくほうがより楽しめるでしょう。
とはいえ、中にはどうしても言いたくない性癖などがあるかもしれません。
そうした場合には、無理をして伝える必要はありません。
あくまで自分自身が「伝えられる」と思ったものだけで構わないのです。
もちろん、相手に答えを強要するようなことがあってもなりません。

姿勢そのものについては気軽な関係を築くようにしていくとよいでしょう。
深い関係を求めずにラフに付き合うことが出来るのが、セフレの魅力でもあるといえるのです。
気負いをしたり負担を感じたりしてはその意味も楽しさも半減してしまいますので、程よい距離感というものを意識しながら良い関係を築いていくようにしましょう。
そうした姿勢だからこそ、お互いが気持ちよく付き合うことが出来るともいえますので、上記のポイントとともに抑えておくと良いでしょう。

これからセフレを探す人へ

これからセフレを探すという方は、これらを参考にそして既にパートナーが居るという方は2人の関係における目安として参考にしてみてはいかがでしょうか。
基本的なものではありますが、それが重要なポイントともなってくるのです。
その他にも2人のルールなどを設けたい・設けているという方はそれら条件もしっかりと守るようにしましょう。
条件を守りあうということもまた重要なことともいえるのです。
セフレが居ることによって生活が潤ったりより満たされた生活を送ることが出来るという方も多いので、関係そのものを考えエッセンスとして取り入れてみてください。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ