セフレに対する愛情は必要か?疑似恋愛と恋愛感情は似て非なるもの

セフレという関係性を考えた時、基本的な部分としては「恋愛感情を持たずに身体的な快楽を求めることが出来る」というのがその魅力であるといえるでしょう。
実際に、セフレを持っているという方においては、こうしたスタンスでお付き合いをしているという方がた違反ではないでしょうか。
しかし、継続的にセフレとの関係を重ねていくにつれて自然と情が沸いてしまうということもあるのではないでしょうか。
そして、単純な情ばかりではなく、恋愛感情を抱いてしまうということもあるのではないでしょうか。
こうした気持ちを抱いてしまうのも不思議なことではありませんが、セフレに対して恋愛感情を抱くことは果たして悪いこととなってしまうのでしょうか。

セフレに対して求める距離感

先にも触れましたが、セフレは単純に身体的快楽を求め合える関係です。
ですから、いつでも距離を取れるという気軽さも持ち合わせているといえるでしょう。
しかしながら、ひとたび恋愛感情を抱いてしまうと、離れにくい環境に一変してしまうわけです。
簡単に別れられる関係だったはずが、愛情を抱いてしまったがために後戻りできなくなるというケースも少なくありません。
お互いにフリーなら問題ない部分でもあるのですが、そうでない限りもしくはパートナーが恋愛感情を持っていないという場合は、精神的な負担も大きくなりますし、自分自身は後戻りが出来ないという気持ちになり追い求めすぎて関係が壊れてしまうという事もあるかと思います。
このことから、セフレを作るのであれば、精神的な負担が少なくいつ距離をとっても問題はないという関係が理想的といえるでしょう。

セフレとのセックスを楽しんでいく中で、それが単純行為であるように感じることも出てくるでしょう。
こうした部分から愛情を注ぎ始めるというケースもあるようです。
割り切った関係とはいえども、単純行為となると義務感なども生まれやすいですし、楽しめなくなってしまうということも考えられます。
ですから、擬似恋愛という感覚で関係を築いていくと楽しみあえる時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか。
ここでポイントなのは「擬似」というところです。
擬似であっても感情を入れることによって、身体的関係そのものをより楽しめるようになるのではないでしょうか。

セフレに対して過度な愛情を持つのは危険

セフレに対して愛情を持つことは悪いこと。
そのようなイメージもあるかとは思いますが、スタンスによっては良い方向へと作用することもあるのです。
一緒に過ごしている時間においては恋愛感覚で・それ以外の時間はそれぞれの生活をと区切りをつけることによってメリハリも出てきますし、セフレと過ごす時間を充実したものとなるでしょう。
ただここで1つポイントがあります。
自分自身は擬似恋愛のつもりでも、相手にはそれが本物の愛情であるかのように受け取られてしまわないようにすることです。
ですから、お互いの快楽をより満たしあうために擬似恋愛というエッセンスを入れるようにしているという事は伝えておいたほうが良いでしょう。
こうして自分の考えなどをハッキリと伝えることが大切なのです。

また、相手がセフレだからこそハッキリと伝えやすいという魅力もセフレ関係にはあるのです。
自分の持つ感情と現実的な関係性をしっかりと見て、上手にコントロールするようになれると、より身体的関係を楽しめるようになるのではないでしょうか。
無慮して恋愛感情を抑えることはないのです。ただし割り切りを持った恋愛感情をというのが大きなポイントなるのです。
トラブルに進展しないようにも、こうしたことについては改めて考えておきたい部分でもあるでしょう。
特に、恋人や家庭を持っているという方においては注意をしておきましょう。

関連記事一覧:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ